top2.jpg

会長挨拶


相模原白門会 会長写真最初の集まりは2~3人が一杯飲み屋で語り合った際、「白門会」を設立しよう!だった。その輪が5~6人となり口伝えに徐々に広がって礎となりました。

相模原を中心に在住する或いは相模原で働く多くの卒業生が年齢を超えて交流を深め、「生きがい」「働き甲斐」「生きる楽しみ」を享受することが大切です。その上で、学員会、先輩他支部の活動等参考にさせて頂きながら大学や地域に対して「何ができるか」を考えていけたらと考えています。

同窓会と言うと中高年層が中心になりがちですが、若い方たちにも積極的に参加してもらえる「相模原白門会」にしたいと思います。

「先輩は後輩を支援する」「先輩は後輩から力をもらう」そんな関係、交流ができたらと思います。中央大學を卒業した者同士と言う一点で結ばれた私たちですが、「白門会」を通じて交流を深めていく中で新しい発見があることを期待します。同郷であったり、高校が同じだったり、趣味が同じだったり、職場の先輩後輩だったりと色々な出会いと発見が新しく生まれ、単なる同窓生に留まることなくますます人間同士として深い絆で結ばれることになると思います。

これからも一つ一つの活動を通し地道に会員を増やし、色々な場面で大いに笑い、多くの意見を戦わせ、そしてその中から本当に心を通わせることのできる集団を構成できたらと考えています。一人ひとりの会員が楽しんで参加できる会にしていきましょう!

相模原白門会  会長 佐々木 勝洋

2013年3月10日相模原白門会設立総会式にて
2013年3月10日相模原白門会設立総会式にて